ミノキシジル・ジェネリック最強コスパ

AGAの専門用語を解説

AGAの専門用語を解説

AGAには、専門用語がたくさんあります。
ほとんどが一見してよくわからない言葉が多く、AGAについて知ろうとするときのハードルになります。
このページでは、そんなAGAの専門用語をできるだけわかりやすく解説しています。

DHT(ジヒドロテストステロン)

DHTは聞きなれない人が多いと思いますが、テストステロンなら聞いたことがある人は多いと思います。
テストステロンは、男性に多く分泌されるホルモンで、男らしい肉体を作るために必要です。
そのテストステロンが体内の酵素によって変質したものが、DHTになります。
DHTは決して悪いだけのホルモンではありませんが、薄毛には天敵のホルモンです。

FGF-5

FGF-5は、ほとんどの方が聞いたことのない言葉かと思います。
FGF-5とは、一言でいってしまうと、髪の毛が成長する期間から髪の毛が抜ける期間に移行するときのスイッチになっている因子のことです。

このFGF-5という脱毛因子がひとたび脱毛シグナルを出してしまうと、髪の毛の成長が終わり、脱毛期間へと突入してしまうことになります。
また、FGF-5の逆にFGF-5Sという因子もあり、こちらは発毛因子です。
実は、FGF-5とFGF-5Sの二つの因子のバランスで髪の毛の状態は決定されています。
つまり、脱毛因子であるFGF-5が発毛因子であるFGF-5Sを超えてしまうと、抜け毛が発生するということです。

毛包

毛包とは、毛を生やすための皮膚器官のことです。
毛包の構造は複雑になっており、以下の器官で構成されています。

  • 毛乳頭
  • 毛母体
  • 毛根鞘
  • 毛線維
  • 毛隆起
  • 立毛筋
  • 皮脂腺
  • 毛包漏斗部

毛母細胞

毛母細胞とは、細胞分裂を行うことで髪の毛を作り出す細胞組織のことを指します。
毛包のなかにある毛乳頭の周辺に存在する細胞でもあり、毛乳頭から酸素や栄養素を受け取る役割をもちます。
また、この毛母細胞が活性化しないことにはAGAは治らないため、髪の毛によって非常に重要な細胞です。

5aリダクターゼ

5aリダクターゼとは、AGAの原因であるDHT自体の発生原因となっている酵素のことです。
原因の原因物質なので少しわかりにくいですが、5aリダクターゼがAGAの根幹の原因となっている物質であると理解して下さい。

この原因物質には、5aリダクターゼⅠ型と5aリダクターゼⅡ型の2種類が存在しています。
Ⅱ型の方がよりDHTの生成原因となっており、AGA治療薬のプロペシアはⅡ型の働きを阻害します。

TGF-β

TGF-βはAGAの専門用語のなかでも、とりわけ専門的です。
まず、髪の毛は毛乳頭や毛母細胞が活性化することで成長していきますが、このTGF-βという因子は毛母細胞の働きを抑制します。
この因子の作用が高まってしまうと、髪の毛が早期に成長期から退行期に移行してしまいます。

さらに細かく説明すると、TGF-βがFGF-5に脱毛命令を出すことによって髪の毛が抜けていきます。

弱毛化(軟毛化)

弱毛化(軟毛化)は、髪の毛の毛質が軟らかくなったり、細くなったりする現象のことをいいます。
この現象を放っておくと、AGAの原因になるため注意が必要です。
原因は、DHTや生活習慣であるとされ、食生活に偏りのある方や睡眠が不足している方、運動が不足している方などは改善していきましょう。

また、弱毛化(軟毛化)はAGAの初期症状でもあるため、この症状がではじめたら本格的なAGA対策を行うことを推奨します。

初期脱毛

初期脱毛は、AGA治療をはじめる前に必ず理解しておくべき専門用語です。
通常、AGAをはじめた初期には、なぜか髪が抜けやすくなる時期があります。
もし、この初期脱毛について知らないでいると、「AGA治療をしているのに、髪が抜けた」という勘違いをすることになります。

初期脱毛は古く細くなった毛を追い出し、新しい毛が生えるために起こる現象のため、怖がる必要はありません。
むしろAGAが治る兆候なため、喜ぶべき現象です。

プロペシア

プロペシアは、AGAクリニックで最も処方されるAGA治療薬といっても過言ではありません。
フィナステリドという成分を含んでおり、AGA治療や前立腺肥大症・前立腺がんに対して用います。
具体的な作用は、AGAの原因物質であるDHTの働きをおさえることです。

元々、プロペシアはアメリカのメルク社が開発した治療薬ですが、2015年に特許が切れており、さまざまな製薬会社からジェネリックが販売されています。
こういった背景からジェネリックを使えば、あまり費用をかけずにAGA治療を行うことができるようになっています。

ザガーロ

ザガーロは、プロペシアと同じくAGA治療薬です。
デュタステリドという成分を含んでおり、主にAGA治療や前立腺肥大症の治療に用いられます。
具体的な作用は、AGAの原因物質であるDHTの働きをおさえることです。
これでは、プロペシアと同じ効果になってしまいますが、実はザガーロはプロペシアよりさらに強くDHTの働きをおさえてくれます。

また、デュタステリドを前立腺肥大症の治療に用いる際は、商品名がアボルブになり、AGAの治療に用いる際はザガーロという商品名で処方されています。

ミノキシジル

ミノキシジルは高血圧の治療薬の開発に伴い誕生した、血管を拡張させる作用のある成分です。
研究が進むにつれて発毛の作用があることがわかり、発毛剤として転用されるようになりました。

ちなみに、ミノキシジルを含んだ世界ではじめてのAGA治療薬はロゲインといいます。
日本でも商品名は異なりますが、類似商品が販売されています。

ハミルトン・ノーウッド

ハミルトン・ノーウッドとは、さまざまなパターンのあるAGAの進行パターンを分類したものです。
分類はⅠ型からⅦ型まであり、数字が大きくなるにつれてAGAの症状が重度になっていきます。
自分の髪の毛の状態を、この分類と当てはめて考えるとどんな治療法が適切かわかります。

ちなみにこの分類法を考案したのは、アメリカの医師であるハミルトン氏です。
また、その後に改定が行われたのですが、その人物名がノーウッド氏であったため、ハミルトン・ノーウッドと名付けられたという経緯があります。