ミノキシジル・ジェネリック最強コスパ

簡単にできる薄毛予防と対策を解説

簡単にできる薄毛予防と対策を解説

薄毛を予防するためには、まず薄毛対策を施す必要があります。
以下で、普段の生活に簡単に取り入れられる簡単な薄毛の予防・対策方法を教えます。

※私も実際に実践しているものばかりなので、効果は証明済みです。

簡単にできる頭皮ケア

簡単にできる頭皮ケアといえば、頭皮マッサージや適切なシャンプー、シャンプー選びが王道です。
以下で詳しく解説していきます。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージのやり方は以下のようになります。

  • ①まず、指の腰に力を入れる(このときに爪は立てない)
  • ②頭の中心点”百会”の周りにある”四神聡”に圧をかけ、その後にじんわりと力を抜いていく(痛すぎない程度に)
  • ③頭皮を動かすように意識

こういった頭皮マッサージを行うことで、血行を促進し、毛の細胞を活性化できます。

頭皮にやさしいシャンプーを選ぶ

薄毛予防には、頭皮にやさしい低刺激のシャンプーを選ぶことが重要です。
低刺激のシャンプーの代表にアミノ酸シャンプーがあります。
アミノ酸はしっかり頭皮を洗浄してくれる上に刺激が少ないため、薄毛予防に適しているシャンプーです。

正しいシャンプーの方法

頭皮にやさしいシャンプーを選ぶだけでは不十分で、正しいシャンプーの方法も同時に知っておく必要があります。

  • ①まず髪の毛をお湯で十分に洗い流す
  • ②シャンプーを適度に手のひらに乗せ、泡立てます
  • ③頭皮をマッサージするように指の腰を使って洗う
  • ④シャンプーを髪の毛に残らないようにしっかり洗い流す
  • ⑤できればシャンプー後にトリートメントし、髪の毛をケアする
  • ⑥ドライヤーで、地肌に水分が残らないように十分に乾かす

しっかり髪を濡らす

簡単に髪を濡らす程度では、シャンプーの意味はあまりありません。
最低10秒間くらいはシャワーで洗いましょう。
シャンプーはその後に行うのがベストです。

シャンプーを手で泡立てる

シャンプーを手で泡立てるときは、当たり前のことですが手を清潔にしておいて下さい。
また、シャンプーは手で泡立ててから髪に付けた方が、きれいに洗えます。

頭皮を洗う

頭皮を洗うときは爪を立ててはいけません。
爪を立てると頭皮が痛む原因になるからです。
洗うときは、頭皮をもむように洗って下さい。

しっかり洗い流す

シャンプーで髪の毛を洗ったあとに、シャンプーが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。
泡が目に見えなくても、髪の毛を触ったときにぬめりがまだ残っていたら、しっかり洗い流せていない証拠のため、ぬめりがなくなるまでしっかり洗い流すことが大切です。
また、シャンプーの洗い残しはフケやかゆみの原因にもなります。
これはトリートメントも同様です。
しっかり洗い流すようにしましょう。

カラーリングやパーマなどは控える

カラーリングやパーマなどは、薄毛になりたくなければできるだけ控えましょう。
やはりどうしても頭皮にダメージを与えてしまうからです。

睡眠時間に気を付ける

髪の毛は22時~2時の間に成長します。
なぜなら成長ホルモンが最も出る時間帯だからです。

そのため、薄毛の方は日付が変わる前に寝ることを心がけましょう。

食生活に気を付ける

薄毛を治したければ、食生活に気を付けることも重要です。
脂ものばかりの食事をしていると、皮脂が毛穴に詰まってしまいます。
毛穴が詰まってしまうと髪の毛の成長に支障をきたすため、注意が必要です。

ストレスを解消する

薄毛にストレスは天敵です。
ストレスがたまると、自律神経が乱れます。
自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れ、頭皮が血行不良になります。
男性の場合だと、DHTが過剰分泌されて脱毛症状が起きます。

軽い運動

薄毛には軽い運動も効果的です。
運動は身体のあらゆるバランスを整えてくれ、ストレスの発散にもなります。

また、汗を流すとDHTが排出されていくため、脱毛原因を減らすことにもつながります。

まとめ

ここまで読んでいかがでしょうか。
薄毛対策には、さまざまな方法があることがお分かりいただけたかと思います。

私もAGA治療薬だけでなく、こういった薄毛対策を同時に行っていたからこそ、今のフサフサの髪の毛があります。
もしあなたが絶対AGAになりたくない、治したいという熱い気持ちをもっているなら今日から薄毛対策をはじめましょう。