ミノキシジル・ジェネリック最強コスパ

AGAとヘアサイクルの関係

AGAとヘアサイクルの関係

AGAとヘアサイクルは切っても切れない関係です。
以下でその関係性について詳しく解説していきます。

AGAとヘアサイクル

AGAとは、ヘアサイクルが乱れることで発生する髪の毛の病です。
AGAになると、正常な髪の毛の生え変わりサイクルに異常が起こります。
異常が起こることが原因で、抜け毛が増えていき、AGAが進行していきます。

ヘアサイクル

では、ヘアサイクルとは一体なんでしょうか?
以下で、3つのヘアサイクルに分けて詳しく解説していきます。

成長期

成長期はそのままの意味で、髪の毛が成長するサイクルのことです。
AGAになると、この成長期にあたるサイクルが短くなります。

この成長期は、健康な人であれば3年から6年あります。

退行期

退行期とは、髪の成長が止まるサイクルのことです。
髪の毛と毛母細胞が分離することで、完全に髪の毛の成長が止まります。
AGAになると、この退行期にあたるサイクルが短くなります。

この成長期は、健康な人であれば2~3週間あります。

休止期

休止期とは、毛母細胞が分裂しなくなり、脱毛に入るサイクルのことです。
このサイクルに入ると、髪の毛が抜け落ちていく一方で、髪の毛の奥の方で新しい髪が生まれていきます。
AGAになると、この休止期で落ちる毛の本数が平均より多く抜け落ちます(1日50本から100本が平均)。

ヘアサイクルが乱れている抜け毛の見分け方

ヘアサイクルが乱れていると抜け毛が多くなります。
その抜け毛の前兆を見分ける方法は以下です。

  • 毛先が細くなっていないか
  • 毛先に白いのが付いていないか

これらの特長をもし自分の髪の毛に見つけたら、ヘアサイクルに異常が起きている可能性があります。
できるだけ早期にAGA治療をはじめることをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ヘアサイクルが乱れると薄毛になることがお分かりになったかと思います。
ヘアサイクルを理解すると、AGAがどのように治っていくのか分かるので、この記事を機会に知っておくと役に立つときが必ずくると思いますよ!